⇒お得な無料プレゼントキャンペーン情報!

12月のディズニーランド&ディズニーシーに3歳と6歳の子連れで行ってきたレポ

12月に子連れディズニーへ行ってきました子供とおでかけ

2021年12月22日~12月25日の日程で、九州から3泊4日のディズニーリゾート旅行に行ってきました。

 

実際にインパ(入園)したのは23日と24日の2日間で、前後の日は移動。

遠方なので余裕を持った日程です。

 

3歳と6歳の子連れでのディズニーリゾート、冬の寒さの不安もありましたが、充実した最高の思い出ができました!

 

子連れディズニーの予約から帰りの移動、料金、12月の服装、回り方などなど、詳しくレポートしていきます!

 

チケットの購入からディズニーを回ってお土産を買うまで、公式アプリが必須になるので、あらかじめインストールしておきましょう▼

Tokyo Disney Resort App

Tokyo Disney Resort App
開発元:Oriental Land Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

予約を取るまでの流れ

最近のディズニーはチケットやホテルの予約を取りにくく、ハードルが高いなーと感じました。

 

12月22日~12月25日までの3泊4日の日程で、実際に予約を取ったときの流れはこちら▼

  1. 公式アプリから12月23日のチケットを購入
  2. 12月23日にディズニーセレブレーションホテルを予約
  3. 22日と24日のホテルを予約
  4. 22日と25日の飛行機を予約
  5. 公式アプリからレストランの予約

 

本当は公式から2日分のチケットを購入したかったのですが、24日は金曜日でチケットがかなり早い段階で売り切れたので、チェックアウトの日のチケットを確定で購入できるディズニーホテルに泊まることにしました

 

ディズニーホテルは2021年12月現在ディズニーランドホテル、ホテルミラコスタ、アンバサダーホテル、セレブレーションホテルがあるのですが、真ん中の23日は一番安いセレブレーションホテルを予約。

 

他の日はなるべく近くて安いホテルが良かったので、22日と24日は東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾートを予約しました。

 

2デーパスポートがない今は、公式アプリでチケットを購入してその日にディズニーホテルに泊まることで、2日連続ディズニーランドにインパできます

 

ただ、チケットを購入した日にディズニーホテルの空きがないと困るので、宿泊サイトで必ず空室を確認してからチケットを購入しましょう

 

こちらをタップすれば各旅行サイトの「ディズニー」の検索ページに行けます▼

宿泊サイトによって空室状況が違うので、複数のサイトを確認してきましょう

スポンサーリンク

タイムスケジュール

今回のディズニーリゾートの旅のタイムスケジュールを詳しく書いていきます。

 

移動で1日使ったのですが、ディズニーランド・シーで朝から夜まで遊ぶには、それくらいの余裕がないと親も子供も体力持たないです。

 

前回は、飛行機で移動してからのインパだったのでかなりキツかったので、その教訓を活かせました。

 

では、今回のタイムスケジュールはこちらです▼

ディズニーリゾートの旅1日目

2021年は飛行機の本数が減り、午前中はフライトがなかったので、出発の22日は午後からの出発になりました。

 

14:00 自宅を出発し空港へ

15:30 空港発

17:00 羽田空港着

18:00 リムジンバスでへホテルへ

19:20 渋滞のため少し遅れてホテル着

 

この日はオフィシャルホテルの東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾートに宿泊しました。

 

東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート▼

東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾートの庭

 

バスは渋滞することが考えられるので、乗る直前に子供を必ずトイレに連れて行った方がいいです。

ディズニーリゾートの旅2日目

この日はディズニーシーにインパしました。

 

クリスマス&タイムトゥシャインのディズニーシー▼

 

朝は開園時間に並ばずに、ゆったりと行きました。10時半のチケットの人より早く行ければいいかなーくらいの感じです。

 

07:30 ホテルの朝食バイキング

09:00 バスでベイサイドステーションへ

09:10 リゾートラインでディズニーシーへ

09:45 エントランスを通過してインパ

20:30 退園し、バスでセレブレーションホテルへ

※パーク内で回ったコースは後で詳しく解説しています。

 

東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾートからディズニーシーに直行するバスはないので、ベイサイドステーションまでのバスに乗り、そこからリゾートラインでシーへ行きます

 

リゾートラインの料金は大人1人260円、小学生未満は無料でした。

 

ディズニーシーに入る前にコインロッカーへキャリーケースを預けました

コインロッカーの料金は特大サイズで800円です。

 

オフィシャルホテルとセレブレーションホテル間の荷物の無料配送はやっていないので、今回はコインロッカーに預けることにしましたが、アンバサダーホテルなどのディズニーホテルならオフィシャルホテルから無料で荷物を送れて便利ですね。

 

エントランスでは30分も待たずにインパできました

 

パークではアトラクションよりもレストランの待ち時間が長い感じだったので、プライオリティシーティングで事前に予約したほうが良さそう。

 

プライオリティシーティングも1ヵ月前の予約開始当日に予約が埋まるので、早めの予約が良さそうです。

 

20時に花火が上がるんですが、みんなが場所取りしていた所とは全然違う所から上がったので、全員爆笑しながら大移動をしてて面白かったです。

 

花火が上がる場所ってランダムなんですかね?(笑)

ディズニーリゾートの旅3日目

この日はランドにインパしました。

 

朝6時のセレブレーションホテルのロビー▼

ディズニーセレブレーションホテルの早朝のロビー

 

09:20 バスでランドへ

10:15 エントランスを通過しインパ

21:00 退園し、バスでファーストリゾートへ

※パーク内で回ったコースは後で詳しく解説しています。

 

朝6時にロビーにてチケットを購入し、朝食はセレブレーションホテルのコンビニで買ったおにぎりを食べました。

 

セレブレーションホテルからのバスは、ディズニーシーを経由してランドへ向かいます。

 

コインロッカーにキャリーケースを預け、手荷物検査に行きましたが、長蛇の列ができていました。

ソーシャルディスタンスだったため、思ったより待たずに20分ほどで検査所を通過。

そこから入園まではノンストップで行けました。

 

1日では時間が足りないくらいで、エレクトリカルパレードも花火もしっかり見てからランドを退園しました。

スポンサーリンク

回り方と注意点

ディズニーランドとシーを子連れで朝から夜まで遊び尽くした私の回り方を紹介していきます。

 

まずはランドとシーを実際に回ったコースについて紹介し、そのあと注意点や反省点を書いていきます。

ディズニーランドのコース

ディズニーランドでは10時すぎにインパしました。

 

そこから21時までの流れです▼

  1. アプリでスタンバイパスとエントリー受付
  2. チュロス購入(アップルキャラメル味)
  3. イッツ・ア・スモールワールド
  4. プーさんのハニーハント
  5. トゥーンパーク
  6. ミッキーとグリーティング
  7. パレード(ドリーミング・アップ)
  8. トゥモローランドテラス
  9. メリーゴーランド
  10. アリスのティーカップ
  11. キャッスルカルーセル
  12. シンデレラのフェアリーテイルホール
  13. スウィートハートカフェ
  14. ピノキオの冒険旅行
  15. エレクトリカルパレード
  16. ディズニー・ライト・ザ・ナイト(花火)
  17. ジャングルクルーズ

 

スタンバイパスはプーさんのハニーハントを取得、美女と野獣のスタンバイパスは私のインパが遅くて、10時過ぎにはすでに発券終了していました。

 

キャラクターグリーティングは現在は抽選なんですが、1グループ平均1回くらい当たるようで、私もミートミッキーのみ当たりましたね。

 

子連れはトイレが大変で、上のコースの間すべてでトイレ休憩を挟んでいます

 

トゥモローランドテラスで食事を食べたあと、子供たちと妻は仮眠を取ったので夜まで遊ぶ体力がありました。

 

夕食はセンターストリートコーヒーハウスのプライオリティシーティングを取っていたんですが、時間がエレクトリカルパレードの場所取りと被っていたのでキャンセルし、スウィートハートカフェでパンを食べました

 

どの乗り物も、うちの子供たちは怖がらずに乗っていましたが、他の小さい子を見ているとかなり怖がっている子もいたので、お子さんの個性に合わせたコース選びをしたいところですね。

ディズニーシーのコース

ディズニーシーは10時前にインパできました。

 

そこから21時までの流れです▼

  1. アプリでスタンバイパスとエントリー受付
  2. ステラ・ルーとクッキー・アンのぬいぐるみ購入
  3. ニモのシーライダー
  4. ダッフィーとグリーティング
  5. ポップコーン購入(抹茶チョコレート味)
  6. エレクトリックレールウェイ
  7. トイストーリーマニア
  8. チュロス購入(シナモン味)
  9. ショー(パーフェクト・クリスマス)
  10. ジャンピン・ジェリーフィッシュ
  11. ブローフィッシュ・バルーンレース
  12. キャラバンカルーセル
  13. シンドバット・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  14. ホライズンベイ・レストラン
  15. ディズニー・ライト・ザ・ナイト(花火)

 

ディズニーシーはスタンバイパスでトイストーリーマニアを取得し、グリーティングはダッフィーが抽選で当たりました

 

最初にステラ・ルーとクッキー・アンのぬいぐるみを購入し、子供たちが抱っこして連れ歩いていましたが、これがめちゃくちゃ可愛かったです。

次のディズニーにもぬいぐるみを連れていく予定。

 

グリーティングの後にトイストーリーマニアに向かうときもエレクトリックレールウェイをうまく使って時短&楽しく行けたのも良かったです。

 

子供はシーよりランドが良いって話も聞いたりするんですが、個人的にはどっちも同じくらい楽しめます。

ショー待ちの場所取りのときに昼寝も挟めたので、夜まで体力が持ったみたいです。

 

ホライズンベイ・レストランはプライオリティシーティングだったのであまり待ち時間なく食事ができました

注意点1:スタンバイパスがなくなる時間が早い

スタンバイパスは11時くらいにはなくなるので、インパしてすぐに第一希望のアトラクションを取得しましょう

 

美女と野獣のアトラクションは10時すぎにはなくなっていて、悔しい思いをしました。

注意点2:スタンバイパスでもかなり並ぶ

スタンバイパスがあるということは、人気のアトラクションということなので、けっきょく30分は並びます

 

途中で子供がトイレと言い出したら詰むので、必ずトイレに行ってから並ぶようにしましょう

注意点3:エントリー受付のハードルが高い

キャラクターとのグリーティングやショーがエントリー受付という抽選形式になっていました。

 

ランドとシーに各5つくらいグリーティングがあるんですけど、私の場合は1つずつの当選でした。

 

1グループにつき1日で平均1つくらいの当選確率みたいで、1つも当たらないという人もざらにいます

 

エントリー受付は時間が選べるので、パレードなどの時間はエントリーする人が少ない可能性があり、狙い目かもしれません

注意点4:食糧難民になりがち

ポップコーンやチュロスなどのワゴン、レストランは長蛇の列ができます

 

人気アトラクションかと思うくらい並ぶので、ワゴンなら代表一人で早めに並んだり、レストランはプライオリティシーティングを活用したりして工夫しないと、空腹で子供の機嫌が悪くなるかもしれません。

 

ランドのトゥモローランドテラスは意外と人が少なく、がっつりハンバーガーが食べれるのでまた次もお世話になる予定です。

注意点5:お土産がない

好きなお土産が買えないです。

 

どういうことかと言うと、お土産は一部を除いてアプリで誰でも購入出来てしまうので、クリスマスやお正月などの限定グッズは即オンラインで売り切れてしまいます

 

ダッフィー系のグッズはシーにインパした人しか買えないので大丈夫ですが、クリスマスに行ったのにクリスマス限定やお正月限定は買えず、ひな祭りのぬいぐるみを購入しました。

数年後ぬいぐるみ見て「いつ行ったっけ!?」てなりそう(笑)

 

あと、パークではお菓子系は一切置いていません。

 

欲しい物は事前にアプリで購入しておいた方がいいですね。(お土産とは…)

九州からのディズニー旅行の費用総額

大人2人、6歳と3歳の合計子供の4人で、九州からの移動からお土産の費用も全て含めて約30万円でした

 

3歳は飛行機代のみ必要。6歳は全て子供料金で、ホテルは添い寝なので安いです。

※2歳までなら飛行機代もかからずほぼ無料で行けます

 

平日にインパしたので少し費用は抑えられた気がしますね。

 

飛行機はANAを利用しましたが、航空会社や日取りによって料金はピンキリなので、安い日を下調べした上でチケットを買う日を考えたほうがいいです。

 

下調べのやり方は、旅行代理店に置いてあるディズニーリゾートツアーのパンフレットを見て、追加料金が少ない日をチェックしておけば、だいたい安い日がわかります

 

私の場合、もし1日旅行の日程が後ろにズレていたら10万円以上も旅費が上がってしまうところでしたから。

 

ホテル代もそうですが、遠方組は飛行機代が最大のネックになってくると思います。

12月の子連れディズニーの服装

12月の中旬くらいからクリスマスにかけてでも、天気が良ければかなり暖かいです。

 

防寒着やホッカイロをたくさん用意していましたが、日中12℃くらいで日差しがあり、夜も4℃くらいだったので、歩いていればホッカイロはなくてもいいレベルでした

 

子供の服装はこんな感じ▼

  • マフラー
  • ダウンジャケット
  • 厚手のトレーナー
  • ヒートテック(極暖)
  • ズボン
  • ヒートテックレギンス
  • 靴下
  • スニーカー

ランドでは、日中はむしろ暑くてダウンやマフラーを外したりして温度管理していました。

 

ディズニーシーのほうは風が強くてダウンを脱ぐことはなかったですね。

 

自分もアウターを2枚重ねくらいするつもりでしたが、その必要はなく、余ったアウターはパレードやショーを見るときのレジャーシートとして活躍しました。

 

旅行中は耳が痛いほどの寒さではなかったです。

 

ただ、クリスマスを過ぎると急に大寒波が来ていたので、備えあれば患いなしです。

12月ディズニーの天気や気温

1週間前の天気予報を見ていた感じでは次のような予報でした。

 

  • シー :曇りときどき晴れ降水確率20%
  • ランド:曇り降水確率40%

 

しかし、当日になると綺麗な晴れ!!

 

12月は他の月と比較して天気が安定しているので、雨に合う確率は低そうです。

 

気温も先ほど書いたように、クリスマスくらいまでなら、1月や2月のような肌を刺すような寒さではありません。

パレード・ショーの場所取り

パレードやショーの場所取りは、足元に白い丸印があるので、その印1つにつき4人まで場所取りができます

 

人が1人待機していればいいので、大人が1人で待ちつつ子供たちはトイレに行ったりアトラクションを楽しむのが賢いかと思います。

 

人と人の間隔がけっこうあいてますし、見やすいポジションなどをキャストの人が教えてくれるので、かなり快適に見れます

 

また、場所取りの最中にお昼寝もできるので、休憩も絡めつつパレードやショーを楽しむのは子連れにはかなり良い回り方ですよ

ホテルの感想

3泊4日で、最初と最後の日は東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート、真ん中の日はディズニーセレブレーションホテルに宿泊。

 

ちなみにセレブレーションホテルは浦安にあり舞浜から離れているので、ホテル間の荷物の無料配送はなく、ランドやシーの近くにあるコインロッカーを活用しました。

 

ではホテルの感想を赤裸々に書いていきます。

東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート

東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾートは今回が初めての宿泊で朝食バイキングもつけて2泊しました。

 

オフィシャルホテルの中では最もリーズナブルなホテルです。

 

良かったところ▼

  • 朝食バイキングが空いていてほとんど並ばない
  • 料金が安い
  • 風呂・トイレ別
  • コンビニ、ディズニーファンタジーがある

 

悪かったところ▼

  • 設備が古い
  • 清掃が行き届いてない
  • 子供用のアメニティの準備不足
  • 電話予約していたリムジンバスが予約されていない
  • ベッドをくっつけておいてほしいと電話で伝えていたがくっついてない

 

設備に関しては料金も安いですが、アメニティやバスの予約、ベッドのお願いなど、わざわざ電話で問い合わせてお願いしたことが全部されていなかったのはガッカリでしたね

 

コンビニはカップラーメンなどがあったので、食料の調達には便利ですが、私が行ったときはおにぎりやパンが見当たらず、子供に食べさせるのが少ない印象でした。

 

ディズニーファンタジーではディズニーランド・シー限定のグッズが買えます。品揃えも良いのでけっこう楽しめますよ。

 

朝食のバイキングがスムーズに行けるので、インパする前日に泊まるのは良いと思います

ディズニーセレブレーションホテル(ウィッシュ)

初のディズニーホテルに宿泊!

 

セレブレーションホテルはディズニーホテルの中でも安い「バリュータイプ」です。

 

サービスはランドホテルやミラコスタのような「デラックスタイプ」よりもサービス内容は劣りますが、ディズニーリゾートの雰囲気に浸りつつ、チェックアウトの日のチケットを確定で購入できるのが嬉しいポイント

 

食券を買えば朝食も食べられます。

 

良かったところ▼

  • ディズニーホテルなのに安い
  • チェックアウトの日のチケットが確定で買える
  • コンビニの品揃えが良い
  • 部屋がスタンダードルームでもめちゃくちゃ可愛い
  • 庭やロビーにディズニーキャラクターがいっぱい

 

悪かったところ▼

  • 風呂が狭い
  • ベッドをくっつけてほしいと電話で言ってたけどくっついてない

なんでどこもベッドくっつけてくれないの?(笑)

 

セレブレーションホテルはまた泊まりたいと思うくらい良かったですね~。

 

バスでディズニーリゾートまで20分くらいかかるのが子連れには不安要素ですが、トイレに行っていれば問題なかったです。

12月の子連れディズニーランド・シー まとめ

クリスマス時期の12月に子連れディズニーランド・シーに行った感想などを書いてきましたが、寒さも思ったより厳しくなくてかなり快適でした

 

最後に見るこの景色が名残惜しさを倍増させます…▼

ディズニーリゾートのモニュメント

 

12月の子連れディズニーはクリスマスも絶対楽しめるので、寒さを理由に諦めるのはもったいないです。

 

ただ、寒さゆえに大人も子供も頻尿になるのでトイレの回数は尋常じゃなかったです。

 

それでも、昔と比較して各アトラクションの待ち時間はそこまで長くなく、並んでいる途中で子供がトイレに行きたくなってもなんとか我慢できるくらいでした。(人気のトイストーリーマニアでも30分ちょっとで乗れましたから。)

 

数年前のファストパスがあった時代よりも、アプリでスタンバイパスが取れたり、待ち時間が見れたりするので、ゆったり回れましたね。

 

ちなみに、ディズニーランドやシーに入ったらすぐにベビーカーをレンタルすると子供の昼寝や休憩にも使えますし、荷物置きも下に付いているので便利ですよ。

※ベビーカーのレンタルは1,000円

 

チケットの購入やレストランのプライオリティシーティング(事前予約)はアプリからやるので、こちらの公式アプリをインストールしておきましょう

Tokyo Disney Resort App

Tokyo Disney Resort App
開発元:Oriental Land Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

今現在のリアルタイムの待ち時間も見れて、予習になりますよ。

 

ホテルはこちらのサイトから予約可能です。タップすれば各旅行サイトの「ディズニー」の検索ページに行けます▼

 

サイトによって部屋の空き状況が違いますので、いつものサイトで空きがないときは違うサイトを見てみてくださいね。

 

ちなみに私は毎回このシリーズのガイドブックを買って、予習や当日の地図としても使っています▼

 
飛行機の中で眺めたりするのに最適です。
 
 
12月の子連れディズニーはかなりおすすめなので、検討してみてくださいねー!

コメント